水耕栽培で野菜工場を作っちゃおう

水耕栽培とは画期的な野菜の栽培方法です。その最大の特徴は土を使用しないということであり、どんな場所でもある一定の設備があれば可能なのです。

サイトトップ > 水耕栽培とは

スポンサードリンク

水耕栽培で野菜工場を作っちゃおう

水耕栽培とは


水耕栽培という言葉を知っている人はまだまだ少ないかも知れません。水耕栽培とは土を使用しないで野菜などを栽培する方法です。


土を使用しないでどうやって野菜などが栽培できるのかというと、土の代わりに綿を使用して土台にします。そこに酸素と肥料を含ませた水を与えることで、見事に野菜が育つのです。


実は既にこのような方法で栽培され、市場に出回っている野菜は色々とあります。その中でもポピュラーなものは、カイワレ大根でしょう。スーパーなどに行けば数十円で販売されているカイワレ大根は、普通、数十本のカイワレ大根がひとつの束になっていると思います。この束のことはスプラウト(豆苗)と呼ばれています。このスプラウトをよく見てみれば、綿状の土台からカイワレ大根が生えているのが分かります。


このカイワレ大根は土で育てたものではなく、水を含んだ綿から育っているのです。このカイワレ大根の場合、種が持っている栄養だけで育ったものであり、とても栄養価の高い野菜となっています。


この他、スーパーなどでよく見かけるものとしては、葉ネギなどがあります。この葉ネギなども水耕栽培で作られ、たくさん出荷されています。現在では、水耕栽培は世界的に利用されている野菜の栽培方法となっています。カイワレ大根のような簡単なスプラウトから、レタスなどの葉物野菜やトマトまで、色々な野菜が水耕栽培によって作られているのです。


水耕栽培で野菜工場を作っちゃおう

MENU



スポンサードリンク